Realforce R3 HD11 (US配列 テンキーレス)を設定していく

技術

Realforce R3 HD11 の環境構築メモとレビューを書いていく。

どうして Realforce R3 ?

自分がキーボードに求めることは以下の通り。

  • US 配列
  • テンキーレス
  • 複数デバイスにペアリングできる
  • なるべく東プレの静電容量無接点スイッチ
  • メカニカルならホットスワップ対応

勘案しつつ、これまでは Keychron K2 を使っていたが、 Realforce R3 はさらに自分の希望に近かった。

そういうわけで即購入した。

キーマップを変更する

自分の環境

種類 名前 備考
マシン Windows
マシン Mac
マシン Linux GNOME
マウス Logicool MX Anywhere 3

3 種類の OS を同時に運用しているので、 Mac だけ Alt と Super の位置が逆だったり、 Mac だけ Super を多用したり、 Linux だけ WM 用のキーバインドでたまに Super を使ったりする。

これらを同時に無理なく使っていくためのキーマップにしていく。

無理のないキーマップ

最も問題になるのは、LCtrl / LAlt / LSuper のキー配置だ。 Mac では Super を使う操作で、 Win/Linux では Ctrl を使うといったようなちぐはぐさがあり、そのままでは誤爆が激しい。 コピペしようとしたら Cortana が起動したり、ランチャーを起動しようとしたらリロードしたりする。

色々な組み合わせをためした結果、以下のような配列だと違和感なく操作できるようだった。

OS Keymap
Windows LSuper, LAlt, LCtrl
Mac LCtrl, LAlt, LSuper
Linux LSuper, LAlt, LCtrl

というわけで、このキーマップを実現していく。

Realforce のキーマップを変える

まず、最も多用しているのは Mac なので、 LAlt と LSuper が逆位置でないと体が対応していない。

全 OS 共通でこのキーマップがいいといったドラスティックな変更は、Realforce 自体の挙動を変更するのが楽だろう

そこで、Realforce Connect というソフトウェアを使う。 これを使えば、レイヤー2枚の組み合わせを2種類までファームに書き込める。

realforce_r3_change_keymap.gif (2.8 MB)

ソフトウェアの操作も簡単で、ドラッグアンドドロップで好みのキーマップを実現できた。

最後にお手持ちのキープラー 1 で Alt と Super のキートップを変えればOK。

Windows / Linux のキーマップを変える

ただ、Realforce R3 には惜しい所がある。 キーマップと接続先とを連動させることができない。 なので、各マシンで別々のキーマップを使う時は、接続先を切り替えたのちにキーマップを切り替える、2回の操作が要求される。

そういうわけで、OSごとのキーマップの差異はOS側で吸収していくと操作が楽になる

Windows では以下のようなレジストリを登録する。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,\
  00,00,00,00,\
  03,00,00,00,\
  1d,00,5b,e0,\ // LCtrl -> LWin
  5b,e0,1d,00,\ // LWin -> LCtrl
  00,00,00,00,\
  00,00,00,00

Linux (GNOME) では gnome-settings でポチポチ変える。

アプリケーションのキーバインドを変える

これらの変更でも、一部のアプリケーションではまだ OS ごとの差異が残ってしまう。 たとえばターミナルの Keyboard Interrupt とか。

そのあたりの微調整は、アプリケーションのキーバインドで対応したり、キーバインド変更できない場合は諦めたりしていく。

たとえば、 tmux や Alacritty は Ctrl でも Super でも同様の操作となるように切り替えた。

https://github.com/usagiga/dotfiles/blob/main/linux/.config/alacritty/key_bindings.yml

これで満足のいくキーマップが完成。

リストレストを導入する

多分 Realforce R3 とは長くやっていくのでアクセサリに力を入れていく。 そういうわけで、リストレストを導入することにした。

Realforce R3 には純正リストレストが存在しない。 一般的なテンキーレスのレイアウトなので、単にテンキーレスのリストレストを買っていく。

インターネットで評判がいいのは FILCO の M サイズのパームレストである。 あまり深く考慮せず、巨人の肩に乗っていく。

そういうわけで FILCO Genuine Wood Wrist Rest の M サイズを買ってきた。オタクブラック

2CCEA43D-0731-4818-8749-50EA612D1C2E.jpeg (3.0 MB)

(片付け意識が死んでいたので一旦この写真で許してほしい)

純正ではないので、高さや横幅はぴったりとはいかない。 具体的には横幅は2cmほど足らず、高さは2-3mm程度高い。

とはいえ特に問題はない。

結局どうだった?

Realforce R3 自体にあまり触れてこなかった。 R3 というデバイスがどういうものか、最後に触れておく。

堅実なものづくりをする東プレだが、R3は近年の流行を柔軟に汲んでいる。

  • ワイヤレス、複数台ペアリングなんかの基本的な機能
  • 有線、昇華印刷、APCといった Realforce ブランドのスタンダードな機能
  • キーマップの2レイヤー仕様なんかの自キ界隈ではよくある機能
  • スリープ時間を10分/30分から選べるとかのかゆいところに手が届く機能

触っていると、使いやすさに真摯に向き合っているように感じられた。

一方で、従来の Realforce ブランドとして見ると、 電装が増えた分信頼性はどうなのか?とか、 偏荷重欲しかったなぁとかは少し、本当に少し気になる。

全体的には非常に好意的に受け止めている。 東プレには今後もついていきたい。


  1. Realforce 本体には付属しない。一応キースペーサーセットに付属しているが、これはまだ US 配列向けのものが販売されていない。 [return]