コロナワクチンを接種しました

日記

ワクチンを接種してきました。 体験レポートという形で「ワクチン接種したあと、副反応とかって実際どうなるの?」の一例を公開します。

※ 本記事は専門家・医療関係者による文章ではありません。 ※ 本記事に記載された内容は、情報の提供のみを目的としています。したがって、接種、二次的な頒布、その他の行為は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。これらの情報による接種、二次的な頒布、その他の行為の結果について、著者はいかなる責任も負いません。 ※ 詳しい情報は国が提供している資料、接種時にもらう資料などを参照してください ex: 新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

レポート

接種したもの

モデルナ・武田製のワクチンです。

事前準備

一応、準備するだけしています。 観測範囲で様々な方が「準備した方がいい」とおっしゃっていたので……。

  • 解熱鎮痛剤
    • 沢井製薬 ロキソプロフェンNa錠 (痛み止めの薬)
    • 塩野義製薬 セデス・ハイ (頭痛薬)
  • 湿布薬
    • 久光製薬 サロンパス (肩こりの湿布)
    • 久光製薬 フェイタス5.0 (肩こりの湿布)
  • 食料
    • ポカリスエット
    • inゼリー
    • 高熱・痛みで動けないときなどのフェイルオーバーをお願いしています
    • 快く引き受けてくれました、感謝

※ これらの解熱鎮痛剤・湿布薬はいずれもぼくが飲みなれている・使い慣れている常備薬です。 ※ これらがワクチンの副反応および免疫にとって有効かは不明です。したがって、ここに書いてあるからというだけの理由で、わざわざこれらだけを買いにお店に突撃するのは控えてください。

予後レポート(逐次更新します)

  • 接種 1回目
    • 接種した (1日目15:30)
      • 注射自体の痛みはなし
      • 注射は一瞬で終わった
    • 接種直後 (1日目15:30-15:45)
      • 特になし
    • 接種から約5時間後 (1日目20:30)
      • 左腕を90°くらい上げようとするとあざ・筋肉痛のような痛み
        • 左腕ではつり革は持ちたくないかなぁ、くらいの感覚
      • 腕を下げている分には何も感じない
        • デスクワークしてる分には大丈夫です
    • 接種から約21時間後 (2日目12:30)
      • 食欲がなんとなくない
        • 夏バテと似てる感じ
        • まあ食おうと思えば食えますけど……みたいな感じ
        • ウイダーなら余裕で食べられる、買っておいてよかった
      • 左腕を45°くらい上げようとする・階段を下りるとあざ・筋肉痛のような痛み
        • 痛みに変わりはないが、痛みを感じる条件が増えた
        • ゆっくりなら腕を上げられるため、肘置きに肘を置く程度の動作なら問題ない
    • 接種から約25時間後 (2日目16:30)
      • 弱い頭痛を感じる
        • おろしたてのヘッドホンでメガネのつるが押し当てられて若干嫌だな、くらいの痛み
    • 接種から約31時間後 (2日目22:00)
      • 頭痛を感じなくなる
    • 接種から約33時間後 (3日目0:30)
      • 左腕を90°程度上げようとするとあざ・筋肉痛のような痛み
        • 痛みを感じる条件が緩和された
        • 痛みの程度も弱くなった
          • が、依然左手でつり革は持ちたくならない程度
    • 接種から約57時間後 (4日目0:30)
      • 左腕の痛みはほぼなくなる
        • 腕を上げる、ひねる、ブンブン振ってもへいき
  • 2回目
    • 接種した (1日目15:30)
    • 接種から約5時間後 (1日目20:30)
      • 左腕を90°くらい上げようとするとあざ・筋肉痛のような痛み
      • 痛みの強さは 1回目と大きく変化はない
    • 接種から約6時間後 (1日目22:00)
      • 体温は 36.6℃ (平熱が36.5℃前後)
        • 体温測定はなんとなく気になってやっただけです
    • 接種から約19時間後(2日目10:30)
      • 体温は38.2℃
      • ぼーっとしている。腕は痛い
        • だるい、ちょっと頭痛い・お腹痛い・吐き気・足首や腰など関節の痛み
        • 鼻水やたんはなし
        • 水を飲むと腹痛が強くなるので、麦茶を常温でちびちび飲む
        • 左腕の痛みは特に変化なし
        • だるいだけでゲームや軽い飲食とかは出来そう
          • あんまり寝てもつらいので起きてコードを書くことに

注意しておくべきだなと思ったこと

準備について

使用頻度の低い常備薬を探すのに手間取りました。 家にあるからといって安心せず、どこにあるか確認しておきましょう。

また、幸いにもぼくの症状は軽いものでした。従って、揃えた物品のほとんどを使わずに過ごすことが出来ました。 が、まぁ、これを見て何も準備しなくてもいいやとして、重い副反応が出たら目も当てられないので準備はしましょう。ぼくには一切責任がとれません。

幸い、普通の風邪とあまり変わらないものを揃えることになります。つまり、副反応対策で買ったものを使う機会がなかったとして、それらは備蓄として普通に優秀です。これから夏を迎えるにあたり、室内外の温度差で夏風邪をひく、なんてこともありますし、いい機会だと思って足りないものは買いに行くとよいと思います。

その他

以降は日記です。

千疋屋に行った

東京駅の八重洲口ラウンジには千疋屋があります。 2回めの帰りに発見しました。 行き…には発見できなかったみたいです。 おそらく緊急イベントでポップしたんでしょうね。

それにしてもフルーツ、なんと甘美な響きでしょうか。予後の体に染み渡ります。 セルフお見舞い、セルフ快気祝い、買わずにはいられない。 そうしてフルーツポンチを買いました。

(予後に何かイベントが発生したら食べて追記する)