机を広くする その3

日記

注意 : 今回は机が広くできませんでした

机が狭くてつらい

机を広くする活動に勤しんでおり、 マウスを卓上から消して現状のデスクはこうなった。

742d2476-65d3-41f5-9716-80b02de7559d.jpeg

だが、まだキーボードが二枚も鎮座している。まだ舞える。ということでやっていく。

ちなみにこれまでの記事は以下。

これまでの変更点は以下。

- MacBook Air
- 有線マウス
- マウスパッド
+ Apple Magic Trackpad 2

マウスを戻す

まず前回からの変更点から。

Magic TrackpadはMac専用にし、机の上にマウスを戻した。 一転妥協に踏み切ったのは、以下のような理由である。

  • Lightningを抜き差しするのがダルい
  • BTで使えるMagic Trackpadを鎖でつなぐのは無粋
  • ドライバの更新でWindowsでも無線化できるようになっても、マルチペアリング出来ないのでこの不便さは継続せざるを得ない

というわけでこうなった。

前回の記事が陳腐化してしまったが、一種のコラテラルダメージと思って割り切る。

+ 無線マウス

マウスパッドやマウスのコードがない分、完全なロールバックというわけでもない。

キーボードを減らす

さて、問題視していたキーボードを減らしていく。 ざっくりとした方針としては以下のようなものが考えられる。

  • KVMスイッチ(か、USB分配器)を使う
  • Synergy などのソフトウェアで殴る
  • マルチペアリングができるキーボードを使う

手頃そうなところからやっていく。

Share Mouseを導入する

まず、安価に試せるソフトウェアでの解決を試した。使ったのはコレ。

0efc0e6c-7eaa-4292-b6ca-4fcb14ea396a.png

Share Mouse and Keyboard with multiple Mac and Windows computers.

これは、ひとつのキーボード、マウスで複数のマシンを使えるツールだ。 競合製品らと同じくデュアルディスプレイのような感覚で使える。

遅延はほとんど感じられない。 マシン間を渡る際も至極スムーズだ。

が、いくつか難点があった。

  • デバイスが刺さっている側のマシンが立っていないと使えない
  • 複数のマウス 1 で運用すると挙動が怪しい
    • 両方のマシンで同時にカーソルが動く
    • キーボードが反応しなくなる

特に問題となる怪しい挙動は頻発した。

コードを読んだわけではないので推測だが、キーボードとマウスをシェアするものであって、複数台のキーボード・マウスが別々のマシンにつながっているといったような奇怪な構成では使えないようだ。

ぼくの運用ではWindowsは常についているが、ドライバの語彙の関係上トラックパッドはMacにつけざるを得ない。

つまり、ぼくの運用ではShare Mouseは使えない。

ソフトウェア路線の弱点

ソフトウェアでなんとかするのはしんどいと思った点は他にもある。

まず、OSのバージョンが上がったときに使えない期間が生じかねない。OSのAPIの新陳代謝は、ハードウェアのインタフェースのそれよりも激しい。プロプライエタリなので勝手にパッチ当ててビルドとかもできない。つまり、OSアップデート時は待つか妥協するしかなくなる。

また、肝心の机の広さを確保するには少し物足りない。というのも、

f1082290-532d-47eb-8735-f692c375ad31.jpeg

フルキーボードなのだ。 テンキーやInsertは使わないのに、マウスは地の果てに追いやられ、机の面積は持っていかれる。

ソフトウェアやKVMスイッチではこの問題は解決できない。

どうだったか

Share Mouseは悪くなかった。 常駐しているホストマシンのキーボード・マウスだけを使う前提ならば、操作は至極快適だ。 今回の記事でこれを見送る羽目になったのは、ひとえにぼくの環境がおかしく、Share Mouseの思想から外れる挙動をさせていただけにすぎない。

たとえぼくのようにShare Mouseではうまくいかないことがあったとしても、思想が異なり競合ではシェアがデカいSynergyなどでは解決できるだろう。

そういうわけで、 ソフトウェア路線はまったく悪い選択肢ではない

次回は邪魔なテンキーと複数台あるキーボードをなんとかしていく。


  1. 含トラックパッド [return]