シーリングライトをIoT化した

技術

コロシテ…コロシテ…

電気がつけられない

ぼくの部屋のシーリングライトは、壁スイッチのほかにリモコンがついている。

快適にオンオフできていたのだが、

  • タクトスイッチがイカれてリモコンが使えなくなった
  • Alexa非対応なので音声でつけられない

などの不満が募ってきた。

せっかくなので、ここではIoT化してAlexaで使えるようにする。

実装する

今回はお手軽にIFTTTでやっていく。

こんな感じ。

  • ラズパイを使って回路を組む
  • 起動用のスクリプトを書く
  • adnanh/webhook で起動用のスクリプトを叩くように設定する
  • IFTTTで Alexa からWebhookのURLを叩くように設定する

ソフトウェア周りは書くほどでもないので割愛する。

回路を作る

赤外線リモコンをIoT化するときは、赤外線受光モジュールと赤外線LEDで、元のリモコンの信号をエミュレートする実装が普通だと思う。

はじめはぼくもそのように実装したのだがうまくいかず、原因の切り分けも出来なかった。勘で実装するのも気持ち悪いので、今回は別の方法で実装した。

それがこれである。

d54d550c-3eec-4de2-be38-f79390f6ebbd.jpeg

リモコンのスイッチの部分にGPIOでスイッチングできる回路を上乗せした。 ラズパイから給電しているのも相まって、地球外生命体に寄生されたような見た目になってしまった。ただリモコンをIoT化しただけなのに、闇の魔物を生み出すとは自分の才能が恐ろしい。

作ってみて

便利。

自分の手で実装すれば自由度が高いという点も好感触である。照度センサーや位置情報など入力語彙をいくらでも増やせるし、運用も手元でできるのでIoTガジェットの持つ「企業がサーバーの生殺与奪を握っている」不安がない。

ただ、魔物を錬成した件は重く見ている。 今はもう見ないようにしているが、いずれちゃんとしたLEDドライブ回路を作りたい。