ワンライナーでdotfilesを同期するやつを作った

技術

ここがこうで、あっちがそっちで… う~ん、まぁいっか( fish: Unknown command g )

一目で、尋常でない環境だと見抜いたよ

人間、生きていると環境が増えるものだ。

かくいうぼくも実機とかVPSとかVMとかで複数のOSを同時に使っている。そのどれもで使い慣れたエイリアスを使いたいし、この環境ではあれが使えない、あの環境ではこれが使えるみたいな状況はとてもよろしくない

とはいえ、自動化の仕組みを作るのは面倒だから、そこまで負担にならない手動同期との関係が切れず、fishに怒られながらズルズル生きていた。

へぇ~チョー簡単そう

見つけてしまった。

haru067/dotfiles: よくきたわね、いらっしゃい。

この人の作例では、 curl ~ | sh だけで導入出来て、その導入をするスクリプトもシンボリックリンクを張るだけらしい。めちゃめちゃ簡単そうだ。

ホスティングも、GitHub Pagesを使えばこちらで手をいれなくてもHTTPS化や自動デプロイまでしてくれる。

この路線なら一日もかからず整備できるだろう。

できた

何事もなくすぐできた。

2020-07-02-dotfiles.png

https://dot.usagiga.me/

My dotfiles for UNIXとか言ってるが、アイディア・実装・ホスティング・ペライチのCSSに至るまで、なんもかんもタダ乗りなのでデカいこと言いすぎ感はある。

作ってみて

ぼくはほとんどコンフィグを書いていないライトユーザーだ。なるべく手を入れなくていい環境を使っているし、変に凝って時間をかけないように自制をしているというのもある。

しかし、その数個のコンフィグでさえ、手早い環境構築や設定を同期できるのはありがたいと感じた。VimとかWMとか細かく設定している人ならなおさらではないだろうか。

あと、これは間接的なメリットだが、コンフィグファイルの実体がGitの管理下に入る。ロールバックも容易だ。

メリットは多く、デメリットは少ない。 環境がいくつかあって、それぞれ同じパッケージを使っているなら、ぜひやるべきだと思う。