ブランチの「差別的表現」

技術 どうでもいい話

なんか GitHub CLI の master ブランチが trunk ブランチに名前が変わりました。 理由は以下の通りで、「masterって奴隷の存在を示唆する問題のある名前だよね」というもの。

Our team would prefer to change our default branch name away from “master”, since “master” is a generally problematic term due to its association with slavery in some contexts.

Change the default branch from “master” to something else · Issue #929 · cli/cli

差別的用語は人を傷つけるかもしれないからやめようというのは詭弁だと思っています。 別の用語を使い始めたとして、その新しい用語、あるいはそうした言い換えようということ自体は、全人類誰も不快に思わないの?という話なので。

まず、GitHub Desktopの「master より development の方が意味が通りやすい」というような話ならまだしも、ブランチ名に差別をこの世からなくす役割を与えた上で議論しようというのは、ブランチ名にとってみれば荷が勝つと思います。 Base64から「master」という計算結果を取り除こうとか、Auto IncrementなPrimary Keyから「4」や「9」を取り除こうとか思わないのと同じで。