ブログをつくった

技術

HUGOでブログをつくった。 ヒュー!

この記事で語るべきことがそれだけすぎて、本当にもうなんもないんですが、さすがにTwitterとやってることが同じ説があるのでなんか書く。

どうなってんの?

HUGOでビルドしたものをGitHub上にpushし、GitHub Pagesが勝手にデプロイ・配信してくれる状況です。

ぼくは貧乏人なので、プライベートレポジトリでGitHub Pagesを使えません。こんな感じでレポジトリがどかーーーんって鎮座してます。

2019-09-04-17-23-52.png

まあ、そういうもんでしょう。気にしてはいけない。

経緯

.me がお名前で260円だったので、じゃあ取るか〜って感じで usagiga.me を取りました。取るだけ取ってなんもないのもアレなので、せっかくだしブログでも設置するかという流れでブログを作ったというのが経緯です。 あれ?また話終わっちゃった?

WordPressみたいなのでサクっと作っても良かったんですが、あれPHPとかMySQLのセットアップがめんどくさいし、ConoHa Wing使えるほど金銭的余裕もなかったので、静的サイトジェネレーターを使いました。静的ファイルの配信だったらみなさんのご家庭のWebサーバーにお願いすれば配信できるしCDNも使えるのでみんなやりましょう。ない?じゃあ家じゃないんだよそこは(暴論)。

我が家のnginxは他のサービスをデプロイしておちおち再起動できなかったので、GitHub Pagesを間借りしました。自動デプロイの仕組みが織り込み済みなので、自分でAPIごにょごにょしなくても勝手に更新されて楽〜〜〜。

結論

VSCodeでMarkdown書いてpushするだけでいいので、ブログサービスと使用感はあんまり変わらないです。 プレビューもホットリロードが効いてるので問題ありません。 むしろ使い慣れてるエディタで編集できるので快適まであります。

今後もなんかあったらなんか書くと思うので、各位読んだり読まなかったりしてください。 コメントがしたい場合は、コメント機能がないしつけるつもりもないので、Twitterに送ってください。

そういえば、サービスがないのが寂しいっていう話、 blog.usagiga.me はいいとして、大元の usagiga.me がもぬけの空ですが、そこはいいんでしょうか?